落花流水【 愛燦々と! 】

アクセスカウンタ

zoom RSS Beagle Bone 用 32bit DAC基板 B4-DACケーシング

<<   作成日時 : 2016/11/24 11:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

たかじんさんのBeagle Bone 用 32bit DAC基板 B4-DACケーシング

 先日記述したBBB+B4-DACをケーシングした。
 その前に、たかじんさんのお勧めのコンデンサを増設した。
画像

 前に購入していた、LINUXCOM製の Bridgeboardを 載せた Beaglebone Black と2セットを同じケースに収めたので 2台の聴き比べが簡単にできる。
画像

 B4−DACの方は BBBとは別電源で供給している。 これはいろんな人が、別電源の方が音が良いと書いているのを見たからである。 電源容量の関係で 2セット同時起動はしていない。
画像

画像

 これからしっかりエージングしていこうと思う。
画像

 なお、BBB+ B4-DAC の設定は以下のように行った。(主なところを記述)
 
 基本的には、オーディオ日記 さんの情報をを参考にする
 http://yseki118.exblog.jp/26125502/  
 2016年 08月 21日 :BOTIC7(mpd0.19.18-rt-dsd)のイメージファイル を使う

 これは Botic7 の正式版になっており、 LINUXCOM の BBBブリッジ基板で使えるよう設定済みだ。
 以下の場所からダウンロードする。
 https://drive.google.com/open?id=0BwO2v2h7Io1kRVF1UC1ERXpLMms

 起動して以下を確認する  (TeraTerm)
 ssh  id : root password : botic
 root@botic:~# uname –r で      4.5.0-botic7-rc1
 root@botic:~# mpd –V  で      Music Player Daemon 0.19.19-dsd と表示されればOK。

1) I2S出力やクロックなどの設定( B4-DAC 特有 )
B4-DAC用に2チャンネルのI2S出力、SPDIF出力にする方法。 
 nano(またはvi) /boot/uboot/uEnv.txt
 一番最後の行 optargs=snd_soc_botic.ext_masterclk=3 snd_soc_botic.serconfig=MMMM を、下記に変更
 optargs=snd_soc_botic.ext_masterclk=3 snd_soc_botic.serconfig=I---
 #optargs=snd_soc_botic.ext_masterclk=3 snd_soc_botic.serconfig=-S--
 I--- の行は I2S出力するとき。 B4-DACはこれ。  -S--の行はSPDIF出力するときの設定。

 I2SとSPDIFは同時には出力できない。 
 SPDIFの端子は取り付けてあるが、とりあえずI2S出力設定とする。
 
 2) 設定方法のマニュアルの 7番 :   MPDクライアントを使えるようにする。
 GMPCを起動してつながることを確認。

 NASの接続
 mkdir /data/nas     
 mkdir /data/local を最初に行っておく。
 NASの設定方法は先に書いたとおりである。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Beagle Bone 用 32bit DAC基板 B4-DACケーシング 落花流水【 愛燦々と! 】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる